個性的な楽曲だらけ!おすすめのボカロ曲4選!!



どうも!あいまるです!

 

皆さんボカロって知ってますか?
ボカロとは「ボーカロイド」の略称で、メロディと歌詞を入力することでこのボカロに歌わせることができるんです!
今となっては知ってる人も多いかと思いますが、ボカロが開発されたことによって、音楽を広められる方法が増えたと言えます。

 

今回はそんなボカロを使って作られたオススメの楽曲を紹介したいと思います!
ドーナツホール

 

ハチさん作曲の「ドーナツホール」です!
この曲はハチさんとは言いましたが、実際「ハチ=米津玄師」なので、米津玄師さん作曲ということですね!

 

今となっては知らない人のいない米津玄師さんですが、このドーナツホールを作曲した当時はハチという名前で、ボカロを使用し楽曲を制作していました。

 

ボカロで曲を作ってたら本人まで有名になり、嵐にまで楽曲提供しちゃうとか、凄すぎます。

 

楽曲のセンスと果てしない努力があってこそなんでしょうね。

 

夜もすがら君想ふ

 

 

TOKOTOKO(西沢さんP)さん作曲「夜もすがら君想ふ」です!
ボカロがあまり好きではないという人でも聴きやすくていい曲だなと思ったのがこの曲です!

 

いい意味でボカロっぽくないというか、ボカロ特有の「人間には無理だろ​」って歌い方や、音域を使用していないので、女性の方なら歌いやすいくらいだと思います。

 

なのでカラオケなどでも歌いやすいですし、知らない人の前で歌ったとしても、おそらくボカロだとは思われないです。

 

これからボカロ聴いてみたい!という方には間違いなくおすすめ出来る曲です!

 

アルカリレットウセイ

 

 

 

かいりきベアさん作曲の「アルカリレットウセイ」です!
かいりきベアさんが作る曲って中毒性あるんですよね……

 

なんというか音と歌詞のハメ方がとにかく上手ですね。あといつも特徴的なフレーズがあったりして、何かしら印象に残るような作りになってます。

 

このアルカリレットウセイであれば、サビ頭の「ルルカリリカルラリラルララ」なんて普通に聴いたらなんじゃそりゃ!ってなりますが、メロディとの相性が抜群で、逆に一回聴いて覚えられるくらいのインパクトがあります。

 

サビ以外はほとんどマイナーキーの暗い曲なのに対して、サビでは明るいメロディと、キャッチーさのあるメジャーキーになっているのが素晴らしいですね。
メロディと歌詞を印象に残すのは大変ですが、かいりきベアさんは毎回それをやっているので、本当に尊敬します。
キミノヨゾラ哨戒班

 

 

Orangestarさん作曲の「キミノヨゾラ哨戒班」です!

 

この曲は「アスノヨゾラ哨戒班」という曲のバンドアレンジです。

 

この曲を聴いたらわかると思いますが、Orangesterさんの作る曲って殆どがすごい綺麗な印象なんですよね。

 

なんだか聴いてると心が洗われるような気がします。
とにかく素敵な曲なので聴いてみてください!
まとめ

 

いかがだったでしょうか?
ボカロだからと聴かない人も多いですが、本当にいい曲いっぱいあるので、食わず嫌いせずに聴いてみることをオススメします。
ではまた

 

 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!😊

 Twitterはこちら

 インスタグラムはこちら

 

 



 477 total views,  2 views today

SNSでこの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Let’s share!