[ンボボボボオォ?]どうしてこうなった!?ツッコミどころ満載の映画 まとめ!


人気記事はこちら!

 

 

 どうも、てけてけです。

 

 久しぶりの映画ネタですね。

 

 今日は個性豊かな映画を紹介します!

 

 正直、私も今日紹介する映画は観たことのない映画もありますが、順番に観ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

面白すぎるティーザーポスター!?

 

 この中で、鑑賞したことある、映画はないです。(笑)

 

 しかし、ティーザーポスターが面白い映画で有名です!

 

 

 

 

戦慄病棟

 

 

 「退院したい!退院したぁぁぁぁい!!」

 

 

 なんだこれは。

 

 これ、コラ画像じゃないですよ?(笑)

 

 テキサス・チェーンソーの監督と書いてありますが、リメイク版のテキサス・チェーンソーの監督ですね。

 

 まぁ観てわかる通りB級ですね。

 

 

 ただ、アマゾンプライムで無料で観れるみたいなので、作業しながらで観てみたいと思います。(笑)

 

 

 

スタング 人喰い巨大蜂の襲来

 

 

「ぎゃああああ 痛ってええええぇぇ!」

 

 

 痛いどころではないとは思うが……

 

 

 

 人喰い巨人蜂の襲来か……

 

 

 これは間違いなくB級ですね(蜂(bee)だけに)

 

 

喰らう家

 

 

 

「グゴッ ゲゲゲゲェェェェ」

 

 ここまでくると、良くこれで許可が通ったな、と思いますよね。

 

 

 美大の学生に書かせた方がいいかもしれません。(笑)

 

 

 

少女生贄

 
 
 
 
 

「ンボボボボオォ」

 
 
 
 個人的にこれが一番面白いと思いました。
 
 
 
 逆に気になる説は確かにあると思います。
 
 
 
 これは私の想像で、正しいかどうかは分かりませんが、こういうティーザーにすることで、話題になり、映画の宣伝をするという手法を取っているのかなと思います。
 
 
 
 ただ、本当にいい映画であれば、上映する映画館が一部であっても、世間で話題になり、全国上映もすることがあります。
 
 
 
 
 上田慎一郎監督の映画「カメラを止めるな!」もそうでしたよね。
 
 
 
 
 ですので、ポスター(ティーザー)で損をすること(明らかにB級だと思われてしまうこと)もあるのかな、とも思います。
 
 
 
 
 でも、確かにホラー映画やパニック映画ならこういう手法もありかもしれません。
 
 
 
 
 

不思議な邦題!?

 

 色々な邦題の映画ってよくありますよね。

 

 

 どうしてそうなった?みたいな映画を紹介したいと思います。

 

 

 個人的に邦題の方が良い(キャッチ―)と強く思ったのは、リメンバーミーエスターですかね。

 

 

 リメンバーミーの原題は”Coco“ですし、エスターは”Orphan“でした。

 

■イケイケ雑学ポイント■

orphan  ・・・ [名 形] 孤児(の)、親のない(人)         アルクより引用
 
 
 Cocoの意味は本編を観ればわかると思います!
 

 

 きっと、うまくいく(原題 3 idiots)もちょっと微妙ですが、原題よりは映画に合っているのは邦題の方かなと思います。
 
 

 

ナポレオン・ダイナマイト/バス男

 
 
 
 
 
 原題は”NAPOLEON DYNAMITE“です。
 
 
 それなら、邦題も単に、「ナポレオン・ダイナマイト」で良かったのでは?と思ってしまいます。
 
 
 
 
 バス男は日本でいう、電車男みたいな感じなんですかね。(笑)
 
 
 
 昔、デュエルマスターズで○○男というクリーチャーがたくさんいたのを思い出しました。
 (種族はへドリアンだったかな?)
 
 
 
 個人的には、砂男というクリーチャーをよく使っていました。
 
 
 
 
 本編も意外とほんわかムービーらしいので、時間があったらぜひ観てみたいと思います。
 
 
 
 
 

案山子男

 

 

 

 

 原題は”SCARECROW“なので、案山子(かかし)という意味です。

 

 

 (こいつも種族はへドリアンかなぁ)

 

 でも、たしかに、「じゃあ、邦題を決めてみろ」と言われたらかなり難しいですね。

 

 

 映画を観ないと何とも言えませんが、題名もかなり重要ですし、地味な題名を付けるくらいなら、勝負手でこういう題名を付けるのもある意味、理にかなっているのかもしれません。

 

 

 なんでこんな邦題って大事なのでしょうかね。

 

 いっそのこと、原題で行けばいいのに、と思うときもあります。(笑)

 

女バス

 
 
 
 
 
 
 男の次は女かという感じですね。
 
 
 原題は”THE HEAT OF THE GAME
 
 
 
 ただこの映画はドキュメンタリーのようで、終盤は盛り上がる映画になっているようです。
 
 
 
 
 
 これは、絶対邦題で損してる…….
 
 
 
 「○○高校の女子バスケットボールの軌跡(奇跡)」とかの方が良いと思うんだけどなぁ。
 
 
 
 女子版のスラムダンクとも言える作品のようなので、ぜひ鑑賞したいと思います。
 
 
 
 予告↓
 
 

 

真夜中のパリでヒャッハー!

 

 

 

 

 

 ヒャッハーって何?って感じですよね。

 

 原題は”Babysitting

 

 

 

 実は、この映画は鑑賞しました!

 

 

 

 正直、思っていたより面白いです。(笑)

 

 

 

 マリオカートのシーンが個人的に面白く、最後は感動(?)っぽいメッセージ性もあります。

 

 

 

 アメリカ映画のハングオーバーに雰囲気は似ています。

 

 

 この映画はも正直、邦題で損をしている気がします。

 

 予告↓

 

 

 

 なお、この映画には続編があり、その映画の題名は、、、

 

 

 

 

 

 

 「世界の果てまでヒャッハー!」

 

 

 

 

 

 いや、どんだけヒャッハー好きやねん!!!

 

 

 

独特すぎる映画!?

 

 

 映画や、漫画などのストーリーは、ありえない設定が一つあり、それ以外は普通の世界という設定のストーリーが多いと思います。

 

 例えば、デスノートであったら、「デスノート」という非現実的な設定が一つあり、それ以外は普通の世界であるという感じになっていると思います。

 

 

 こういった非現実的なテーマにはいろいろ存在しますが、今回は私が独特だなと思ったものを紹介したいと思います。

 

マルコヴィッチの穴

 

 

 

 その穴を通ると、「15分間だけ俳優のジョン・マルコヴィッチを体験できる(頭の中に入る)」という不思議な穴の話です。

 

 

 あまりにも奇想天外すぎて、終盤まで展開が読めません。

 

 

 荒唐無稽な映画かと思われますが、鑑賞してみると意外と面白く、マルコヴィッチ?マルコヴィッチ!となります!(映画を観れば分かります)

 

 

 ジャンルはコメディですが、コメディ映画のなかでも、この映画はカオスです。

 

 

 日本語の予告がなかったので、詳しく説明している動画を紹介します↓

 

 

 

 

シックスヘッド・ジョーズ

 
 
 
 正直、サメ系の映画は嫌いで、全く見ないのですが、これは逆に観れますね。(笑)
 
 
 
 サメの映画が苦手な理由は、やはりサメは実在し、リアリティがあるので基本的には苦手です。
 
 
 
 ジョーズを観たときはトイレすら行けなくなりました。
 
 
 
 オープンウォーターは怖すぎて観れません。
 
 
 
 
 シックスヘッド・ジョーズはリアリティがゼロなので観ることができます。
 
 
 それにしても、シックスヘッドって…….
 
 
 
 
 一応、ダブルヘッド、トリプルヘッド、ファイブヘッドジョーズもあり、シックスが最終形態のようですね。
 
 
 
 
 どうやらこのサメは人間のリア充が嫌いなようです。
 
 

 

絶対観られない映画!?

 

 

 絶対に観られないは言い過ぎで、今生きいる人はおそらく観れないだろう映画です。

 

 

 

 

100 Years(原題)

 

 

 

 

 

 こちらは、フランス映画で公開はなんと2115年

 

 しかし、予告が既に公開されているので、予告編のみ楽しむことが出来ます。

 

 

 2115年になったら天国から見に来るか……..

 

 

 

  てか、監督や俳優はどうなるんだろう。。。

 

 

 

 

呪われた映画!?

 

 

 

 呪われた映画というのが一定数あります。

 

 

 

 

 ポルターガイストエクソシストの映画が公開前後で関係者が無くなるなどの事故があったりするのは有名ですよね。

 

 しかし、そういった映画はホラー映画が多いですよね。

 

 

 しかし今回紹介する映画はコメディ映画です。

 

 

Atuk

 

 

 

 

 

 こちらはハリウッドで一番笑えない映画と言われており、なんと公開すらされていません

 

 

 それは主役に任命された人物がすべて亡くなってしまったためです。

 

 ジョン・ベル―シ ⇒ 薬物過剰摂取で死亡

 サム・キニンソン ⇒ 交通事故で死亡

 ジョン・キャンディ ⇒ 心臓発作で死亡

 クリス・ファーレイ ⇒ 薬物摂取で死亡

 フィルハートマン ⇒ 妻に銃で撃たれて死亡

 

 

 なお、このAtukの台本は現在行方不明のようで、またいつか復活する可能性があることが示唆されています。

 

 

 5人も亡くなるなんて本当に笑えないですね。

 

 

 Atukの主演のオファーが来たら、注意してください

 

 

まとめ

 

 いかがでしたか?

 

 世の中には、いろいろな映画がたくさんありますね。

 

 

 正直ツッコミどころが多い映画はたくさんあると思います。

 

 

 他にもツッコミどころが多い映画があったら教えてください。

 

 

 ではでは。

 このサイトでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、サイトのシェア、TwitterなどのSNSのフォローをお願いします。
 
 Twitterはこちら

 インスタグラムはこちら
 
 Facebookはこちら

イケイケ雑学の映画記事はこちら!
 
あなたにオススメの記事!

 1,548 total views,  40 views today

SNSでこの記事をシェアしよう!

「[ンボボボボオォ?]どうしてこうなった!?ツッコミどころ満載の映画 まとめ!」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Let’s share!