プロパガンダ?クライシスアクター? 都市伝説を楽しもう!


 

 

 

 

人気記事はこちら!

 

 

 どうも、てけてけです。

 

 自己紹介などで、都市伝説とか好きです!とか言ったりしますが共感されることが少ないと最近感じました。

 

 都市伝説はエンターテイメントだと思っており、某〇タクスゼイアンなども「信じるか信じないかはあなた次第です」というセリフを言ったりしますが、まさにその通りで、どんなに極端な主張でも「世の中にはこういうことを考える人もいるんだな」と思うようにしています。

 

 ということで今日は都市伝説を楽しむ上で、知っておきたい単語を紹介したいと思います。

 

 

 「都市伝説用語」というわけではないですが、都市伝説を知る上でよく出てくる単語なので紹介したいと思います。

 

 

プロパガンダ

 

pro

 プロパガンダは言ってしまえば、「宣伝」です。

 
 
 
 しかしプロパガンダと言うと、「政治的な考えを植えつける(押し付ける)宣伝」というニュアンスが強いです。

 

 
 
 
 ナチス・ドイツの台頭ヒトラーが利用したことが有名で、実際に「倒すべき敵を作る」ことや「大事なことは何度も繰り返す」などの人間の心理を利用して支持者を獲得したようです。

 

 
 
 人間を洗脳するのは意外と簡単のようです。。。

クライシスアクター

 

 
sitai

 
 これは聞きなれない人も多いと思います。

 
 
 クライシスアクターは、偽旗作戦に参加する俳優のことで、事故現場などで遺体の役を演じたりインタビューに答えるなど犠牲者のふりをする役者のことです。

 
 
 
■イケイケ雑学ポイント■

偽旗作戦

 敵になりすまして行動し、結果の責任を相手側になすりつける作戦。9.11もアメリカの偽旗作戦であるという陰謀論も存在する。

 
 
 トンキン湾事件(ベトナム戦争のきっかけとなった事件)は、実際に起こったアメリカ政府の偽旗作戦(自作自演)として有名です。

 
 
 
 陰謀論が盛んなアメリカでは、クライシスアクターは、有名な単語らしくオーロラ銃乱射事件や、ボストンマラソン爆弾テロ事件パリ同時多発テロ事件などでも、クライシスアクターがいたと指摘されていたりします。

 

 

 
 
 日本でも、街頭インタビューなどがやらせであることは有名で、大きな事件でも実は意図的に起こされたのでは?という事件もあるそうです。

 
 メディアは怖いですね。

フリーメイソン

 800px-Square_compasses.svg
(wikipediaより)

 
 フリーメイソンは有名な秘密結社です。
 (有名な秘密結社ってなんなんだ?)

 
 
 
 フリーメイソンは17世紀イギリスで誕生した友愛を目的とする秘密結社だと言われています。

 

 
 
 日本人では、高須クリニックの院長の高須幹弥さんが有名で、アメリカ人だと、ジョージ・ワシントンウォルト・ディズニーなども一員のようです。

 
 
 入会条件は細かいルールもあるようですが、基本的には以下の通りのようです。

フリーメイソン入会条件

・20歳以上の成人男性
・定職を持っている
・家族がいる場合、家族を養っている
・宗教的信仰がある
・2名以上からの推薦がある
・入会費及び年会費を払う

 

 
  フリーメイソンの実際の活動内容は不明です。


 同じ秘密結社のイルミナティは、ほぼ都市伝説的秘密結社なので、また後日紹介したいと思います。(笑)
 

 

ロスチャイルド家

 
 
ros

 ロスチャイルド家は、世界一の金持ち一家として有名です。

 
 
 ロスチャイルド家については、1記事でも終わらないくらい内容が多いのでここでは少ししか触れませんが、ロスチャイルド家の総資産は、少なく見積もってもなんと30兆円と言われており、もはや凡人には想像がつきません。

 
 
 
 ロスチャイルド一家はコカ・コーラを始めとする世界の大企業や、いくつかの国の中央銀行もロスチャイルド家が牛耳っており、通貨の発行権持っているとも言われています。(都市伝説なので実際のところは不明)

 
 
 最後にロスチャイルド家の基礎を築いた人物である。マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの名言を紹介しましょう。

 
 
私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い。

 

 
 
 金に対する執着心がすごいですね。。。ある意味見習いたいです。。。

(※あくまで都市伝説です)

 
 

まとめ

 いかがでしたか?

 個人的にはやはり、クライシスアクターが結構気になるワードですね。

 都市伝説を楽しむとき、一番大事なことは、どんなにぶっ飛んだ仮説でも「こういう事を考える人いるんだなぁ」と思う事です。

 「そんなことはありえない」とハナっから否定し、自分とは違う意見をハネつけるのも違うのかなとも思っています。

 あまり深く考えない方がいいと思います!

 また何かニュースなどで情報が入ったら紹介したいと思います。

 

 ではでは。

 このサイトでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、サイトのシェア、TwitterなどのSNSのフォローをお願いします。
 
 Twitterはこちら

 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 
 
 
あなたにオススメの記事!

 134 total views,  1 views today

SNSでこの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Let’s share!