スマブラspで強くなるテクニック!!その①

 

どうも!ライターのあいまるです!

 

最近スマブラspのユーザーのレベルもかなり高くなっていて、VIPにいってない人たちでもかなり強いと感じています。

 

なので今回はスマブラspでVIPにいけない人に向けて

 

スマブラで強くなる方法を書いていこうと思います!

 




 

適当に技をふらない 

 
IMG_4747
 
 
 
これは筆者もたまにやってしまうことなのですが、適当に技を振るのは極力やめましょう。
 
 
今作のスマブラは攻めが結構強いゲームで
ガードをしても反確がとれないことがかなりあります。

 

なので適当に技をブンブン振っていても結構通っちゃったりするんですよね

 

ただ、それだけでいけるほどVIPへの道は甘くありません。(一部のキャラは案外いけちゃったりします)

 

スマブラは読み合いが大事なゲームです。
適当に技を振っても勝てることはあるかもしれませんが、動きを読まれたら終わりです。

 

それに自分がどういう意図で技を振ったのかしっかりと理解していないと、読み合いに発展しません

 

適当に技を振っていると同じ行動を何度もやってしまうことになるので本当に気をつけましょう。

 

 

技を振ることに意味を持つ

IMG_4714
 

先ほどの話の続きですね。

技を振ることに意味を持つことによってようやく読み合いになります。

 

例えば

 

「相手がウルフでブラスターを撃ってきたので、ジャンプして近づきながら空前を振ったけれどガードされ反確を取られてしまった。」

 

という場面があったとします。

 

これを何気なくやってしまうと何度も同じ手に引っかかり、何度も反確を取られてダメージを稼がれてしまいます。

 

ですがちゃんとこの空前を意識していたら「あ、この空前は通らなかったから次はスカして掴みを使おう」

 

という様に、次の行動を変えることができます。

 

これは本当に大事で、出来ていない人がかなり多いと思います。
今作のスマブラは試合展開がめちゃめちゃ速いので、癖に頼りがち​なプレイングをしてしまうのは分かりますが、それだけだと勝てない人には一生勝てません。

 

意識しないでやっている行動は直せないです。

 

なので、自分の行動をちゃんと意識して、その結果を見て次回の行動を決めるといいと思います。

 

言葉でいうのは簡単ですが、先ほども説明した通り試合展開が速いので実行難易度は高めです。

 

たくさん試合して徐々に慣れていきましょう!

 

 

 

 

キャラを理解する

スマブラspはキャラが本当に多いですよね…

ですが自分が使用するキャラも、相手が使用するキャラも、なるべく理解していた方が立ち回りやすくなります。

 

基本的には、自分のキャラの得意分野を押し付けたら勝ちです。

 

逆に、相手には得意分野で戦わせないことを意識しましょう!
例えばルキナは攻撃範囲が広いので、密着し過ぎず離れ過ぎずぐらいの間合いを保てれば非常に攻めやすくなります。

 

逆に言えば、その間合いを保てなければルキナは本領を発揮できません。

 

つまり自分がルキナを使う場合は、上に書いた間合いを意識して、相手がルキナの場合はその間合いを保たせないように戦えば、有利に戦えるということですね!

 

よく同じキャラが苦手だって人がいますが、これはキャラの得意分野も苦手分野も同じなので、間合いも被ってしまってやりづらいからだと思います。

 

有利展開を継続させる

IMG_1561

先ほどの話と似ていますが、今回はどのキャラも共通の話です。

 

スマブラにおいて、有利な状況ってなんだと思いますか?

 

いくつかありますが一番は
相手に崖を背負わせた状況です。
 

FullSizeRender

 
こんな感じですね!
 

 

専門用語では「ラインがない」と言います。
ラインというのは、自分が使えるステージの広さのことです。

 

ラインがない状況になると、相手は一気に戦いにくくなります。何故なら相手は後ろに下がれないし、攻撃を食らったら崖外に飛ばされるので取れる行動が限られてくるからです。

 

崖よりちょっと手前くらいで技を振ってるだけでもかなりの圧をかけることができますよ!

 

なので基本的に相手にラインがなくなったら、ラインを回復させないように立ち回ると戦いやすくなります。

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

スマブラspは奥が深いので他にもいっぱい強くなる要素はありますが、まずは基本的な戦い方を説明させていただきました!

 

とはいえ筆者もまだ修行の身なのであまり偉そうなこと言えないんですけどね笑

 

あくまで筆者はこういう戦い方でVIPにいきましたよってことなので、VIPいってる人全員がそうだと思わないで、参考程度にしていただけたら幸いです!!

 

ではまた




 209 total views,  2 views today

SNSでこの記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Let’s share!