イケイケ雑学

生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。Let'go!go!

スポンサードリンク

【久しぶりの更新!】2021年上半期おすすめ映画!11選!!!





どうも!お久しぶりです!てけてけです!

約1年ぶりの記事になります。

今後も不定期で更新していきます。


また映画中心の記事になるかと思いますが、お含みおきをお願いいたします。(笑) 


本日は今年(2021年4月~9月)で私が観た映画を紹介したいと思います。



ロード・オブ・カオス

FullSizeRender




初っ端からホラー映画です。

実在したノルウェーのバンド「メイヘム」が「真のブラック・メタル」を追求すべく、活動に
熱中しており、ライブ中に自身の体を切り刻んだり、豚の頭を投げるなどの行為を繰り返していた。
その過激さもあって、人気になるが、次第に「誰が一番邪悪か」をメンバー内で競い始める。
そして、歯止めが利かなくなり・・・というストーリーです。


正直、グロいシーンもあるので、苦手な方は要注意です。


青春映画といえば、青春映画ですが、これが実話ということが
恐ろしい。



名探偵コナン 緋色の弾丸

FullSizeRender




去年、延期され待望の名探偵コナンの新作ですね!!

コナンの映画は年々スケールがあがっております。(笑)

舞台は超電導リニアで、少し大人向けのイメージです。
(犯人は分かりやすかったですが。)

最近のコナンは、毎年シリーズ最高興行収入を更新していましたが、
今年はコロナがあったので、更新はならなかったようですね。
(まぁ仕方がないことですが。)


コナンは来年も楽しみです!!




ジェントルメン

FullSizeRender


こちらはガイリッチーの名作!

スタイリッシュなアクション、クライム映画ですが、正直あまりCMなどで宣伝されてなかったのではないでしょうか。

少し会話シーンが多く、展開が早かったりもしますが、最後はどんでん返しのような展開でとても面白いです!


どんでん返しなどが好きな人にはおすすめの作品です!




キャラクター


FullSizeRender


久しぶりに邦画も観ました。

菅田将暉主演のキャラクター。

邦画にしてはR-15あるだけあって、グロかったですね。
(ロード・オブ・カオスのほうがグロいですが)


子供が〇されてしまう描写は少し痛々しい描写でしたが、
邦画にしてはスリルがあり面白かったです。


久しぶりに良作の邦画に出会えた気がします。



プロミシング・ヤングウーマン

FullSizeRender



こちらは2021年にアカデミー脚本賞を受賞した作品で、
終盤はたしかに「おお!なるほど!」と納得してしまう作品になっております。

ただ、復讐劇にしてはもっとやり返してよいのでは?
と思うところもあります。

しかし、それでもお手本のような起承転結を描いた作品になっています。

ただ、映画が好きな人でないと、少し面白みがない映画かもしれません。


竜とそばかすの姫

FullSizeRender


細田守監督の新作ですね!!

面白かったと言えば、面白かったですが、
やはり細田守作品は、「時をかける少女」や「サマーウォーズ」が名作だっただけに、ハードルがあがってしまい、思ったよりはいまいちだった、というのが正直なところです。(特に最後。(笑))

映画館の大きなスクリーン、良い音響の環境で視聴すると感動が大きいですが、おそらくテレビで見てしまうと、この作品の魅力が落ちてしまうかもしれません。

美女と野獣をリスペクトしている作品でもあるので、先にそちらを見ておくと面白さが増すかもしれません!




キンキーブーツ

FullSizeRender


キンキーブーツはブロードウェイのミュージカルにもなっていますね!

キンキーブーツのキンキー(kinky)には「風変わりな、異常な、変態の」という意味があり、直訳すると「風変わりな(変態)ブーツ」ということになります。

余談ですが、近畿大学は
KINKI UNIVERSITY
でしたが、やはり発音上変態大学になりかねないので、
KINDAI UNIVERSITY
になりました。(これはやむを得ないですね。)


映画の内容は実際のミュージカルの舞台映像を流す感じになっており、やはり海外のミュージカルはレベルが高く、作品に没頭してしまう作品になっております。


またニューヨークにいったら今度こそブロードウェイに行きたいと思いましたね。
キャッツでもいいかな~




スペース・プレイヤーズ

FullSizeRender

原題はSpace Jam: A New Legacy

マイケルジョーダンが出演したSpace Jamの続編です。

正直なところ、ワーナーネタ、NBAネタが分からないとほとんど面白みが少ないと思われます。。。
(何が面白いのかが分かりづらい)

やはり、本国アメリカでは大ヒットしたようですが、日本ではあまり受けてませんでしたね。
ルーニーデューンズも正直あまり詳しくはなかったので正直微妙でした。
(盛大な身内(アメリカ)ネタですね)

実際のバスケの試合も、VRの世界が舞台ですが、これはバスケなのか?と思うほどで、
もう振り切ってバスケではないと思えば、まだ楽しめる作品だと思います。






フリー・ガイ

FullSizeRender


こちらも今はやりのVR(仮想現実)が舞台の作品で、
ゲームのモブキャラが主人公になってしまうという映画です。

正直あまり期待はしていなかったですが、
想像以上に色々なコメディ要素や恋愛要素が満載で面白かったです。

最後のほうに謎のメッセージ性もあって、感動しました。

またアマプラ等で見られるようになったら再鑑賞したいと思います!

ドント・ブリーズ 2

FullSizeRender


ドントブリーズの続編ですね。

1は完全にホラーでしたが、2は完全にアクションになっていますww

1のほうがドントブリーズ(息をしたらやられる)感がありましたが、
2はその要素はなく、ホラーではなくなっております。

まぁ2は2で楽しめると思いますが、個人的には1のほうがおすすめです。

てか、じじぃ、お前、目見えてるだろwwwってつっこみたくなりますね!(笑)




ワイルド・スピード ジェットブレイク


FullSizeRender



ワイルドスピード待望の第9作ですね!

ワイスピシリーズはスカイミッションあたりから
ぶっとびはじめましたが、本作ではついに宇宙まで進出しました!

車って空飛べたっけ?と思ってしまいますが、

個人的にはポールウォーカー(ブライアン)がいないのがさみしいですね。

次回は記念すべき10作品目ですね。
巷ではアヴェンジャーズ的な展開になると予想されていますが、果たして!?
次作も必見です。


まとめ


いかがでしたか?

特によかったのは、キンキーブーツとフリーガイですかね。

下半期はデューンやヴェノム、ディア・エヴァ・ハンセン、スパイダーマン ノーウェイホームなどが楽しみですね。

もうすぐレンタルされる作品もあるはずなので、気になる作品は
ぜひチェックしてください。


ではでは。




 このサイトでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓




イケイケ雑学の映画記事はこちら!








 






[随時更新]読むだけで面白いwwwアンサイクロペディアの秀逸記事がこちらwww



人気記事はこちら!












 どうも、てけてけです。 
 
 今日は思わずにやけてしまうアンサイクロペディアの記事を紹介したいと思います。

 電車の中で閲覧するのは注意してください(笑)

 アンサイクロペディアとはウィキペディアのパロディ版で事実でないこともたくさんあります。
(むしろ事実のほうが少ない?)

 事実のことを面白く誇張している感じです。



 個人的に一番面白い記事は野球のルールさえ知っていればイチローです。

 
 この記事が面白いと思えればアンサイクロペディアンになれると思います!


■元イチロー■



 イチロー以外の記事も紹介していきます!



アカギ


 麻雀に詳しく、アカギを含む複数の福本漫画を読んだことあるならこちらは最高です。
 特に全盛期の伝説は秀逸です。


■アカギ■




たらい回し


 たらいまわしを身をもって体感できます。

■たらいまわし■




シモ・ヘイヘ



 シモ・ヘイヘは実在したフィンランドのスナイパーです。
 記事は嘘にまみれています。

■̪シモ・ヘイヘ■





驚くべき証明を見つけたがそれを書くには余白が狭すぎる



 数学者フェルマーの有名な言葉です。
 記事は難しい数式が書いてありますが、意味は特になく、最後の応用例が私は好きです。



■驚くべき証明をみつけたがそれを書くには余白が狭すぎる■


マーフィーの法則


 マーフィーの法則に関しては、以前に紹介しています。紹介した記事は↓↓↓



■マーフィーの法則■



 ある意味当たってますね。


 また、それに関連した猫-トースト装置も必見です。


■猫-トースト装置■






 
風が吹けば桶屋が儲かる


 めっちゃ記事が長くて、全部読んだ人は恐らくいないでしょう。(笑)
 ただどの部分 を読んでもくだらなくて面白いです。(笑) 


■風が吹けば桶屋が儲かる■




エア東大受験

おそらくアンサイクロペディア以外で、この言葉を聞く機会はないでしょう。(笑)
プライドというものが、ものがないなら、ぜひやってみたいですね!!!(←ほんとかよ)

■エア東大受験■




 
 いかがでしたか?
 
 興味のある分野がある方は調べてみるといいと思います。

 

 ではでは。




 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓



あなたにオススメの記事!





































あなたはいくつ読める!?間違えやすい漢字10選!!


人気記事はこちら!






今日は読み間違えやすい漢字をご紹介します!

読み方と意味も載せておきます!

あなたは正しく読めていますか?

IMG_2836
訃報


読み:「フホウ」

意味:死亡の知らせ


一段落


読み:「イチダンラク」

意味:物事のひとくぎり。

話し言葉では「ひとだんらく」と使われることが多いですよね!
一目は「ひとめ」「イチモク」両方の読み方をするため、「一」という字は音訓どちらで読むのかが難しいですよね。


汎用


読み:「ハンヨウ」

意味:様々な方面に用いること。

凡庸(ボンヨウ)と混同されている方が多い気がします!


逝去


読み:「セイキョ」

意味:亡くなること

の音読みは「セツ」ですので、間違えやすいです。

■「逝」と「折」■
夭折は「ヨウセツ」
夭逝は「ヨウセイ」と読みます。
読めない漢字は部首を外して読んでみろと教えられましたが、「逝」には通じないようです!笑
なお「夭折」「夭逝」はどちらも同じ意味で、「若くして亡くなること」です。


疾病


読み:「シッペイ」 

意味:病気のこと

「病」という字は「ビョウ」と読まれる事が多いため間違えやすいです。

■病の読み方■
「病」の他の読み方は
詩八病(シハチヘイ)
病葉(わくらば) ※難読漢字


荒らげる


読み:「あららげる」

意味:声や態度を荒くすること

「あらげる」と読む人が圧倒的に多いですね。

「荒い」を「あら・い」と読むことを考えれば「荒らげる」は「あら・らげる」になりますね!

■イケイケ雑学ポイント■
このように、日本でよく読まれる音(慣用音)使った読み方を「慣用読み」と言います。正しい読み方と慣用読みがある場合はどちらを使っても伝わります。



間髪


読み:「カンハツ」

これは「間髪をいれず」として使われる言葉で、間髪という熟語はありません。

■イケイケ雑学ポイント■
なぜ熟語がないかというと、この慣用句は「間、髪をいれず」と区切るのが正しく、そう考えると、この慣用句から区切れている「間髪」の二文字を取り出して熟語にするのは無理があるからです。


更迭


読み:「コウテツ」

意味:ある役職の人を他の人と代えること。
高い役職の人に使う事が多いです。

「送」と字が似ているため、「こうそう」などと誤読されますね。
「迭」という字を使った他の熟語がほとんどないため仕方ないと思います。

■イケイケ雑学ポイント■
「迭」を使った熟語は他に「両統迭立」「迷迭香(まんねんろう)」など。


重複


読み:「チョウフク」

意味:重なり合う事

「じゅうふく」と読む方が半分ぐらいでしょうか?
これも慣用読みの一つですので「じゅうふく」でも伝わります!
しかし「重」は「チョウ」と読んだ方が綺麗ですよね。

■その他の慣用読み■
左が本来の読み方
早急 サッキュウ/そうきゅう
世論 セロン/よろん
憧憬 ショウケイ/どうけい
貼付 チョウフ/てんぷ
出生 シュッショウ/しゅっせい


代替


読み:「ダイタイ」

意味:代わりのもの

「代替え」は「だいがえ」と読みます。
しかし、「代替」を送り仮名もないのに「だいがえ」と読むのは少し無理があるように思うのですが、皆さんどうでしょう??

ちなみに同じ漢字を使った「代替ふ」は「しろがう」と読みます。歴史的仮名遣いから察するに、使われていたのはかなり昔ではないでしょうか。


まとめ

いかがでしたか?

慣用読みが入ってくるとややこしいのですが、正しく読めていましたか??

間違いも定着すれば慣用読みとして多くの人に伝わるようになります。
例えば、「捏造」を「デツゾウ」と読む人はほとんどいませんよね?しかし、「ねつぞう」は慣用読みで、本来の読み方は「デツゾウ」です。

言葉を使うのも作ったのも人間という生き物ですので、それによって変化する言葉も生き物なのです。

そこで慣用読みを「変化する言葉の素晴らしさ」と捉えるか、「正しく読めない者の言い訳」と捉えるかはあなた次第です!!

ちなみに私は両方の読み方を覚えることにしています笑





 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓








関連記事はこちら!


人気記事はこちら!
あなたにオススメの記事!





















スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
Twitter プロフィール
ウェブメディア「イケイケ雑学」の公式ツイッターです。生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。いいねやRTよろしくお願いします。
メンバーリスト
お問い合わせ