イケイケ雑学

生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。Let'go!go!

スポンサードリンク

いつの間にか一般化した麻雀用語wwwww



普段よく使われる言葉で麻雀用語が由来の言葉を紹介します!

メンツ

IMG_2944

メンツが集まらない。いいメンツ。

メンバーと同じように使われる言葉ですが、元々は、面子(メンツ)という麻雀用語です。

■イケイケ麻雀ポイント■
同じ牌の3つの集まり、または同じ図柄の123や345など連続した集まりを1つの面子として扱います。従って画像は3メンツが揃ってます。



リーチ

IMG_2942

ビンゴやパチンコなどでよく使われるリーチですが、由来は立直(リーチ)という麻雀の基本的な役の一つです。

リーチの際には画像のように1000点を場に出し捨牌を横にして、宣言します。



安パイ

IMG_2953
安定や間違いない選択肢として使われている安パイ。

これは「安全牌」の略です。

麻雀は和了(アガリ)を目指すゲームなので、自分が上がれそうにない時は他の人から上がられないようにします。

その時に必要になるのが安全牌なのですね!



ワンチャン、ノーチャン

IMG_2954

ここ最近よく使われる若者言葉ですが、麻雀では昔から使われてきました!

そもそも英語なので麻雀由来ではないと思いますが、麻雀でよく使われる言葉でもあるため紹介します笑

ワンチャンは言わずもがな「ワンチャンス」の略で、意味は「上がられる可能性が低いが、0ではない牌」のことです。

例えば、1や9の数は「123、789」という形のメンツで使われることが多いです。

従って、2や8が4枚見えている場合、23、78と持つことができないため、1や9の牌は上がられにくいという考え方をします。

この状態を「ノーチャンス」と言います。

この考え方を利用して、3枚見えている場合でも、当たりにくいだろうというのが「ワンチャンス」です。



断トツ

IMG_2945

この言葉もよく使われすぎて由来は分かりません(麻雀由来と考える人もいる)が、麻雀でもよく使われますね。

「箱根駅伝○○大学が断トツ1位だったよ!」

などで使われていますが、これ実は間違いなのです(「そもそも俗語じゃねえか!」というツッコミはご遠慮ください)

なぜならば、断トツは「断然トップ」の略だからです。

ちなみに対義語は「ダンラス(断然ラスト)」です。

こちらはあまり使われませんね。

 

テンパる

IMG_2946

これは麻雀用語です。間違いありません。
その中で最も一般化した言葉ですね!

一般的には、焦る、パニックになると似た意味で使われます。

麻雀用語としては「聴牌(テンパイ)」から派生し、テンパイすることを略して「テンパる」
「テンパった」などと言います。

意味としてはあと一枚で上がれる状態のことです。



まとめ

いかがでしたか?

麻雀はルールさえ覚えれば老若男女楽しめるゲームだと思ってます!

ボードゲームの中ではプロとアマチュアの差が最も少ないのも人気の理由ですね!

麻雀のルールなども機会があれば解決したいと思ってます!

 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!😊
 
 Twitterはこちら

 インスタグラムはこちら



麻雀と将棋は関連深い(筆者調べ)なので
将棋の記事もどうぞ!



【名作】意味がわかると怖いコピペ!!

人気記事はこちら!!!


 
 

今日は意味がわかると怖いコピペの中でも、なるべく有名で怖いものを選びました!

言葉遊びや暗号などは意味が解ってもあまり怖くないので除きました。

それでは見ていきましょう!


雪山

ある雪山で猛吹雪の中、4人が遭難した。
このままでは確実に死ぬ・・・そう皆が考えていた先、山小屋が見付かる。
息も絶え絶えに小屋になだれ込む4人。
しかし、その山小屋には暖房施設がなく、あるのは非常用の食糧のみ。
寝れば確実に凍え死ぬ。ひとまず朝になれば・・・
そこでリーダーがゲームを提案する。
「4人全員が小屋の四隅に座り、5分毎に東回りに歩いて、人を起こして回ろう。
起こされた人は起こした人と交替して次の角に向かう」

翌朝、救助隊が山小屋を発見。疲弊した4人に笑顔が浮かぶ。
救助隊「よく全員ご無事で」
リーダー「いや、駄目かと思いましたが~~~のようなゲームをしまして…」
少し間を置いて救助隊が答える

救助隊「そのゲーム、できっこないですよ」



解説

4人で四隅だからうっかり納得しそうになってしまいますが、救助隊のセリフがそのまま答えです。
このゲームは5人いないと途中で止まってしまいます。
つまり5人目がいた。 
 



ストーカー

一人暮らしをしている大学生の男がいた。 

男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。 
大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。 
気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。 

「もしかして不法侵入かな…?警察に言うのが一番良いと思うけど…警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…。」 
すると友人は 
「じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、もし本当に部屋に誰かが侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いんじゃないか?」 
と具体的な解決策を提示してくれた。 

それは良い案だと思った男は早速次の日の朝、部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。 


大学から帰ってきた男はビデオの録画を止め、さっそくVTRを確認した。 
「マジで犯人が写ってたらどうしよう…。」 

しばらくは何も写らなかった。 
しかし夕方になると、ガチャガチャという音を立てて知らない女が部屋に入ってきたのだ。 
「!!!!」 
男はすぐに友人に電話をかけた。 
「やばい!!写ってる写ってる犯人写ってる!!」 
と若干興奮気味に伝え、それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。 

「ゴミ箱漁ってるよ…。」 
「今度は服の匂い嗅いでる…気持ち悪ぃ!!」 
今までこの女は何回も来ていたのかと思うと、男は背筋が凍る思いだった。 
「でもこれで警察も動いてくれるなぁ。」 
と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。 

「うわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない…。」 
などと友人と喋っていると 

物音を立ててまた誰かが部屋に入ってきた。 
入ってきた人物を見た男は頭が真っ白になった。 



解説  

入ってきた人物は自分。
つまり女はまだ押し入れの中にいる……

これは怖いですよね。
初めて見た時想像してしまい、背筋がゾクッとしました。




赤い部屋

東京に一人暮らしする事になりました。
生活を始めているうち、部屋に小さな穴があいているのに気づいた。
その穴は隣の部屋に続いていて、穴を覗いてみた。
穴の向こうは真っ赤だった。

「隣の部屋は赤い壁紙なのか」と思いつつ毎日、女性は小さな穴を覗いていた。
いつ見ても赤いため、隣の部屋が気になった女性は、マンションの大家に聞いてみることにした。
「私の隣の部屋にはどういう人が住んでいますか?」
すると大家さんは答えた。

「あなたの隣の部屋は病気で目が赤い人が住んでいます。」




解説

これは1番有名だと思います。

赤いのは壁紙ではなく目だった。
ということは隣人はずっとこちらを見ていた。




ベッドの下

あるアパートで一人暮しをしている女性のもとに、同年代の友人が遊びにやってきたときのことだ。 


時間を忘れておしゃべりに夢中になるうち、辺りはすっかり暗くなってしまい、友人は彼女の部屋に泊まっていくことになった。 

彼女はベッドの上に、友人はベッドの脇に敷かれた布団の上に、それぞれ横になる。 
部屋の中はすっかり静まりかえり、彼女はうとうとと眠りに就こうととしていた。 

すると突然、友人が布団から飛び起きて彼女のことを揺さぶり、 

「急にアイスが食べたくなっちゃった。一緒にコンビニまで買いに行こうよ」と言い出したのだ。
彼女はもう眠かったし、別にアイスなど食べたくなかったので「私はいらない。一人で行ってくれば」と答えたのだが、 
友人は「夜道を一人で歩くのは心細いから」と言って聞かない。 
根負けした彼女は仕方なく友人と一緒にコンビニへ行くことにした。 

ところが、家を出た途端に友人は彼女の手を強く引き、なぜかコンビニとは逆方向に向かって走り始めたのだ。 

いったいどうしたというのだろう。 

不審に思った彼女が理由を尋ねると・・・ 

「大きな声を出さないで!今から交番に行くのよ。 
私、見てしまったの。ベッドの下に、大きな包丁を持った男が隠れているのを!」



解説

これも想像すると怖いですね〜。
私は中学生くらいの時にこれを見て、しばらくベッドの下を確認してから寝るようになりました。笑

友人は布団で寝ていたからベッドの下が見えたということです。


 




 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓


あなたにオススメの記事!







































知らないと騙される!?知っておきたい人間の心理現象まとめ!

人気記事はこちら!!!


 
 
 


 

 

 どうも、ライターのてけてけです。

 

 

 

 今回は身近で起こる、○○効果と名の付く効果を5つほど紹介したいと思います。

 
 
 
 また心理現象がメインとなっております。

 

 

 では、さっそくいきましょう。

 

 

 

カリギュラ効果

 

 カリギュラ効果は禁止されると逆に気になってしまう、心理的現象です。

禁止

 

 

 例として、画像や動画などにモザイク処理がかかっていたり、「閲覧注意!」や「お前は聞かないほうがいい」と言われると、逆に気になってしまうなどが当てはまります。


「押すなよ?」って言われると、押したくなるやつですね。

 

 

 

 心当たりがあるのではないのでしょうか?

 

 

 

 この名称は、1980年に公開したアメリカとイタリアの合作映画の「カリギュラ」が語源で、過激すぎる内容であったため一部の地域で公開禁止したことが、むしろ注目を集めてしまったそうです。

 

 

 

 人間の心理は不思議なものです。(笑)

 
 
 
 
 

バーナム効果

 

 

 これは占いなどで、誰にでも当てはまるようなことを言い、「この占い私に当たってる!」と思ってしまう心理現象です。

ng

 

 

 

 例を挙げると血液型占いなどで

 

 

 A型の特徴
・好きなことはとことん好き
・あなたは人から好かれたいと思っている
・マイペースであるが、周りの目は気にする
 ・・・etc

 

などが挙げられます。

 

 

 

 言われてみれば、ほとんどの人が当てはまります。(笑)

 

 

 個人的には、そもそも血液型占いを信じていません
 (そもそも血液の凝集素の違いでなぜ性格が変わるのだろうか...)

 

 

 欧米諸国では、そもそも自分の血液型が知らない人も多いらしく、自分の血液型を知っているのもアジア人ぐらいだと聞きます。

 

 

 

 また、血液型で他人に偏見を持つことをブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)と言うので、注意してください。

 

 

 またバーナム効果は営業の手法としても使われるようです。

 
 
 

バタフライ効果(butterfly effect)

 

 これは一つの些細な出来事が後に大きな違いを生むことを言います。

tyou

 

 

 もともとは気象学者のエドワード・ローレンツの講演タイトル「ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサス竜巻を引き起こすか?」に由来するようです。

 

 

 

 日本のことわざである「風が吹けば桶屋が儲かる」に近いですが、厳密には違います。

 

 

 

 バタフライ効果は予測不可能性、予測困難性を主張するものであるが、風が吹けば桶屋が儲かるはどちらかといえば、関連性の低いことをつなげるこじつけのニュアンスが強いです。

 

 まぁでも、だいたい同じだと思っています。

 

 

 


 厳密なバタフライ効果はカオス理論の話をしないといけないので今回は割愛します。

(というか説明できません)

 

 

 

 バタフライ効果の有名な例としては、ヒトラーの人生が挙げられます。

 

 

 

 

・ヒトラーは2度、美術学校の試験を受験し不合格になっている
(1度でも合格していたら...ホロコーストは起きなかったかも?)

・ヒトラーは第一次世界大戦中、イギリス人に射殺されず、逃されている。
 (ここでも、殺されていたら...ホロコーストは起きなかったかも?)

 

 

 

 しかし、ヒトラー以上の人物が現れていた可能性もあるので、この例は個人的には微妙です。

 

 

 また、身近な例としては両親の出会いが挙げられます。

 

 

 我々の両親があの日、出会わなかったら、あなたも私もこの世に存在していない....と考えると、世の中は本当に奇跡の連続かもしれません。(笑)

 

 

 またバタフライ効果の考えは、日々のモチベーションアップにもつながると思うですよね。

 

 

 「あの時、あの単元を勉強しなかったらあの試験に落ちていたかもしれない...

 「あの時、勇気を出して告白していなかったら、今頃結婚していなかったかもしれない...

 

 こう考えると、毎日を、一瞬一瞬を大切にしようと思いませんか?(笑)

 

 今の現実ですら、奇跡の連続です。

 

 この記事を見た時点でもうすでに未来は変わっているかもしれません。(笑) 

 

    善悪に囚われず後悔のない選択をしたいものです。

 
 
 

サブリミナル効果

kandou_movie_eigakan

 

 

 サブリミナルは「潜在意識の」という意味で閾下いきか知覚とも呼ばれ、潜在意識の刺激を与える事で表れる効果のことです。

 

 

 

 実際に、サブリミナルによる宣伝は日本のテレビ放送では禁止されています。

 

 

 また、実際のところは、科学的に証明されていない部分も多く、賛否両論です。

 

 

 以前、シティハンターの放送中、麻原彰晃が一瞬だけ映ったのが問題になりました。

 

 

ピグマリオン効果

 

 

 ピグマリオン効果は、他者から期待されることにより、学習や作業がより捗って成果が出せる効果のことです。

 

 

 別名では、「教師期待効果」、「ローゼンタール効果」などとも言います。

 

 

 逆に、他者から期待されなかった結果、学習や作業をする能力が低下する事を「負のピグマリオン効果」や「ゴーレム効果」などとも言います。

 

 

 

 これは、分かる気がしますね!

 

 

 誰でも褒められたら嬉しいですし、また頑張ろうと思えるようになりますね!

 

 

 将棋の有名な棋士で米長邦雄永世棋聖という方がいるのですが、その人の名言で「いちばんいい薬というのは、『お前は天才だ、才能がある』という、この一言なんです」という言葉があり、これはピグマリオン効果を利用しているなと思いました。

 

 

 教育の現場でどんどん使っていきましょう!!!

 

 
 

まとめ

 

 いかがでしたか?

 

 サブリミナル効果のように実際どの程度の効果でこれは「効果がある」と言えるのかはなかなか難しいですよね。
 仮説検定するしか...... 

 

 

  カリギュラ、バーナム、ピグマリオンは確実にあると思いますね。

 

 

  サブリミナルは半信半疑です。

 

 

 また面白いネタがあったら更新します!

 

 

 ではでは。


 このサイトでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、サイトのシェア、TwitterなどのSNSのフォローをお願いします。
 
 Twitterはこちら

 インスタグラムはこちら
 
 Facebookはこちら

 

現象、効果、症候群、恐怖症の関連記事はこちら!










あなたにオススメの記事!




















スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
Twitter プロフィール
ウェブメディア「イケイケ雑学」の公式ツイッターです。生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。いいねやRTよろしくお願いします。
メンバーリスト
お問い合わせ