イケイケ雑学

生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。Let'go!go!

スポンサードリンク

【映画感想】クライモリ(2021)(基本ネタバレなし)

人気記事はこちら!!!


 
 



どうも、てけてけです。

今回から、本格的に映画感想を書いていこうと思います。

今回は、2021年公開のマイク・P・ネルソン監督の映画「クライモリ」です。
wong_turn


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ネタバレなし~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クライモリシリーズのリブート作ということで、
一応前回のクライモリ(2003)も視聴済みです。


まず、キャストについて、
マイク・P・ネルソンという方について、正直存じ上げないですね。。。
まぁ今後有名になっていくのかもしれません。。。(笑)

ほかの主演キャストも全然知らない方ばかりでした。


ネタバレなしの感想なので、内容には触れないですが、
個人的には、イマイチな作品でした。
ホラー映画としても、クライモリシリーズとしても。。。

まぁ試写会当たったから観ただけなんですけど...
(じゃあそもそも応募するなという突っ込みはやめてください。(笑))















以降、ネタバレ含みの感想に移ります。。。













~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ネタバレあり~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず、時代が変われば、ホラー映画も背景が変わりますね!

本作幽霊やモンスター系のホラーではなく、社会派ホラーになっています。
正直、その要素はいるのかと思ってしまいますが、、、


序盤はまぁホラー映画お決まりの普通の展開。若い男女が森にいって、一人ずつ襲われ始めるという感じ。

まず、ギャリーという男が襲われますが、そこはスルーします。(笑)

次にミラ、「お前wwwトイレ行くならだれかしら声かけろやwww」と思ってしまいました。
少なくとも同姓のジェン(主人公)ぐらいには声をかけるか、本当にテントの近くで用を足してほしいものです。

逆にそんな怖い状況で一人でよく用を足せるなとも思います。




続いてアダム。いやお前生きていたんかと最初は思いましたね、

話は進み、謎の集団(米国の終焉を信じて入植を開始した一団)に捕えられ、裁判にかけられます。

あんな運びかたして、「殺すつもりはなかった」はさすがに通用しないやろ....
そら殺される怖い思いもするわと思います。。。(正当防衛やろ...)

まぁそこは映画なので、よしとします。。。


てか暗闇の刑ってなんやねん。大した刑じゃないな...(笑)


そしてようやく、ジェンの父親が助けに来ます。。。
(連れはポンコツなので、秒でやられますww)
いいお父さんですね。娘の生存を信じて。
と思ったら、いきなり矢で腕を撃たれる.......


しかし、これもジェンの計画の内。
敵をだますにはまず味方からですね。
(てか父親が助けに来たの知ってたの?もう少し驚かない?)

そして意外とあっさり脱獄www
あの地元にいたやつらはいいやつだったのか。。。
まぁ数人死んだけどwww
まぁ敵の敵は味方ということでとりあえず助けにきてもらったし、
仲間になりますwww

個人的にはここでもう少し色々やりとりがあって、
終わりでよかったのでは?と思いました。

てかダリウスwwwwお前wwww
(ここは映画を観てください)





時は経ち、数か月後。
ジェンは普段の生活を取り戻していた。


そして、家族の前にあの入植者の王みたいなやつ(ヴェナブル?)が現れる。
そしてここでジェンの予知能力(笑)を発揮し、このままでは家族が危ないと察知し、
あの集落に戻ると伝える。


しかし、帰りのキャンピングカーの中でジェンが無双し、
敵を倒し、逃げ切る....

というエンディングでした。


いや、そんなに強いなら、最初から何とかできただろ。。。
てか敵が弱すぎたのか?もう少し縛るなりなんとかしろよ。。。
一度裏切ったやつ、信用しすぎだろwww

社会派(笑)ホラーはだめですね。(笑)


今回はこの辺で。(初めての感想記事なので拙い文章はお許しください)
ではでは。


漫画の中だけじゃない!?実在する超人能力まとめ!


人気記事はこちら!








どうも、微熱のゆまじんです。

今日は漫画の中から飛び出て来たような超人、またはその能力について紹介したいと思います!!





映像記憶

IMG_2611
これは有名ですね!一度見た景色を写真のように記憶できることからカメラアイとも言います。

この能力は幼少期に見られ、通常は思春期以前に消失する能力と考えられています。

しかし、この消失については完全な能力の消失か、意図して使えないだけで潜在的に残っているのかは結論が出ていないようです🤔

一見、便利な能力に見えますが、嫌な映像、トラウマなどと全て鮮明に記憶してしまうと考えると、つらいですよね……。

作家の谷崎潤一郎氏や三島由紀夫氏もこの能力を持っていた可能性が高いと言われています!


ミオスタチン関連筋肉肥大

IMG_2613

これは、常人より遥かに筋肉がついてしまうという超人体質で漫画などによく出て来ます。
ex)
「進撃の巨人」 ミカサ・アッカーマン
「エア・ギア」 宇童アキラ 
「嘘喰い」        箕輪勢一   

画像はリアム・フックストラ君。

見て分かる通りミオスタチン関連筋肉肥大を発症している一人です。動物などでは確認されていましたが人類では非常に珍しく、100名ほどしか確認されていません。

その驚くべき身体能力がこちらです!

生後わずか2日にして、両足で立つことができた。もちろん自力で立ったわけではないが、体を支えてやると両足で立ったという。(しかも驚くべきことに、4週間の早産だった)。

生後5ヶ月のころから両手を持ってやれば十字懸垂の姿勢を取るようになった。体操選手が吊り輪で取るあの姿勢である。

8ヶ月になるまでに、棒などにぶら下がって懸垂をするようになった。

9ヶ月ごろには、階段を自力で昇り降りするようになった。

1歳7ヶ月の現在では、高い場所に足をかけ、頭が真下を向く姿勢から腹筋運動をやってみせる。

転倒しても、絶対に頭を打つことがない。後ろ向きに倒れた場合は、強靭な腹筋が作動して彼の上体を垂直に近い状態に戻すので、必ずヒップから着地する。

(https://www.taiyou-clinic.jp/blog/archives/361より引用)

1歳の頃の記憶なんて、ほとんど覚えていませんが、私もこれくらいやっていた気がします。


ウルトラマラソン マン

ウルトラマラソン マン
ディーン・カーナゼス


常人ならば、運動をすると筋肉中に乳酸が溜まり、疲労を生じさせるのですが、ディーン・カーナゼス氏は乳酸を体から素早く出すことができます。

その結果、彼は80時間眠ることなく約560kmを走るという偉業を達成しました! 
また、彼はアメリカ50州で行われた全てのマラソン大会に50日間連続で出場したこともあります。

まさにウルトラマラソンマンですね……。


反響定位

IMG_2614
エコーロケーションと言った方がわかりやすいでしょうか。イルカやコウモリがやるアレですね。獲物の位置を探る目的や、暗所での活動のために自ら音を出し、その反射で目的物との距離を測るというものです。

視覚障害を患ったダニエル・キッシュ氏は舌打ちによりエコーロケーションを身につけました。

彼はエコーロケーションを使うことによって、街を移動することも、自転車に乗ることもできます。

また、目の前に何があるのかも音で視ることができます。




いかがでしたでしょうか?
今日紹介したのは実在する超人たちですが、私からしたらプロスポーツ選手もプロ棋士もアーティストも全員超人です🤭笑

それでは、また次回👋





 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓








あなたにオススメの記事!











[閲覧注意(ガチ)]A級ホラー映画3選!

人気記事はこちら!



  はい、閲覧注意です。

  どうも。ライターのてけてけです。


 ホラー映画なんて観ない!というかたは、以前元気が出る映画を紹介しているので、ぜひこちらを。

  今日は、私が観たマジで背筋が凍るようなホラー映画を3つほど紹介したいと思います。



    ホラー映画って、たまに観たくなるんですよね。

 B級の映画でいいやという気分の日もあれば、ガチもんのホラーも観たくなります。


 ガチもんのホラーは鑑賞後に虚無感のようなものに襲われます。 
 今日の紹介する4作は全て鑑賞後に虚無感というか、あの鬱になるような感覚になるでしょう。




 ちなみに、A級ホラーという言い方はあまりしません。

     というのも、昔の映画は二本立てで、低予算で作られた添え物作品をB級映画と読んでいたため、現在ではあまりA級映画と言われることはないそうです。

 
 今日では、その名残であまり出来が良くない作品をB級と呼ぶそうです。


 では行きましょう!


( 注意! 正確にはバイオレンス映画の位置づけの映画もあるかもしれませんが、今回はホラー映画として紹介しています)  
   

1. 冷たい熱帯魚

FullSizeRender


  まずは日本から、この作品です。

 

 冷たい熱帯魚は、園子温監督の衝撃作で埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとしたホラー映画です。

 R-18です。18歳未満の方は鑑賞できません。



 ストーリーは気弱でおとなしい主人公の社本信行がある日、娘がスーパーの万引きにより窮地に陥る。

 しかし、万引きを目撃した人の好さそうな村田に救われる。これにより、村田は社本家と関わりを持つが...


 邦画でもこんな映画があるだと思った一作でした。

 






2. マーターズ

FullSizeRender



予告↓↓↓(閲覧注意)




 マーターズとは英語で『殉教者』という意味です。


 殉教とは宗教上の犠牲のような意味です。
 自分の信じる宗教のための自殺とも。


 オリジナル版とリメイク版とありますが、観る覚悟があるならば、オリジナル版をおすすめします。
 (リメイク版はホラー要素も中途半端です)

 ちなみに、上の予告はオリジナル版です。



 ストーリーは長期間、監禁などをされていた少女リューシーが自力で脱出する。

 彼女は施設に預けられ、そこでアンナと知り合うが、15年後、自分を監禁した犯人の家族を...
 


 もうこの映画は常に序盤から終盤のような緊迫したシーンが続くので、序盤、中盤、終盤隙がありません。 

 そして、この作品は胸糞映画としても知られ、また最後に解釈が難しい終わり方をしています。

 そのラストシーンの考察は、いつか時間があるときにでも記事にできたらと思います(笑)



マーターズ(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
モルジャーナ・アラウィ
キングレコード
2014-08-06




3. 屋敷女



FullSizeRender



最後はこの作品。




 
 ストーリーは、クリスマスのイブの夜、妊娠を控えていた主人公が、謎の訪問者の黒ずくめの女にハサミで...


 これ以上は言えません。あとはご想像にお任せします。


 こちらもR-18で18歳未満の方は鑑賞できません。

 また予告でも、心臓の悪い方や、妊娠されている方は鑑賞を禁止されています。

 終盤はもう空いた口が塞がりません。


 「屋敷女ってなに?」って質問が良く見受けられますが、日本の「座敷女」という漫画から着想を得たようです。




屋敷女 (字幕版)
ベアトリス・ダル
2017-03-09





 何度も言いますが、これら映画を観て、気分を害しても決して責任は取りません。

 映画を鑑賞する際は自己責任でお願いします。




4. セルビアン・フィルム

FullSizeRender

こちらはホラーなのか怪しいところですが、
個人的にはこんな映画を作ろうとする人間がいることがすでに怖いので、今回新たにホラー映画として紹介したいと思います。


ストーリーは元ポルノ男優スターのミロシュが
新しい高額な撮影を持ちかけられるが、その撮影が実は史上最悪の撮影で....

こちらはなんと映倫が審査を拒否したため、正式なレーティングが設定出来ず、DVDの説明ではR20となっております
(こんな映画ほかにありません。)



 


胸糞な展開だけでなく、
エロとグロの終着点は同じところに行くのかと、初鑑賞のときは思った記憶がありますね。

恐るべし、セルビア。


まとめ




 いかがでしたか?

 どちらかというと、今日の作品はすべて、幽霊より人間の怖さが目立つ作品たちになっております。

 ホラー映画ファンにとっては、有名どころかもしれませんが、まだ観たことない方で、ホラー体制あるよという方はぜひ視聴してみるといいと思います。


 個人的に、ソウなどもきついですが、今日の4作は少し違った怖さだと感じました。
 
 あとムカデ人間2とかもきつかったです。(あれは気持ち悪い)


 また、「この映画怖かった」などありましたら、コメントお願いします。


 映画評論アプリFilmarksもやっているのでよかったらフォローよろしくお願いします。
 (フォロバします)↓↓
    https://filmarks.com/users/cukuc1412ak


 ではでは。




 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓


イケイケ雑学の映画記事はこちら!

 

あなたにオススメの記事!




スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
Twitter プロフィール
ウェブメディア「イケイケ雑学」の公式ツイッターです。生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。いいねやRTよろしくお願いします。
メンバーリスト
お問い合わせ