イケイケ雑学

生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。Let'go!go!

スポンサードリンク

[随時更新]読むだけで面白いwwwアンサイクロペディアの秀逸記事がこちらwww



人気記事はこちら!












 どうも、てけてけです。 
 
 今日は思わずにやけてしまうアンサイクロペディアの記事を紹介したいと思います。

 電車の中で閲覧するのは注意してください(笑)

 アンサイクロペディアとはウィキペディアのパロディ版で事実でないこともたくさんあります。
(むしろ事実のほうが少ない?)

 事実のことを面白く誇張している感じです。



 個人的に一番面白い記事は野球のルールさえ知っていればイチローです。

 
 この記事が面白いと思えればアンサイクロペディアンになれると思います!


■元イチロー■



 イチロー以外の記事も紹介していきます!



アカギ


 麻雀に詳しく、アカギを含む複数の福本漫画を読んだことあるならこちらは最高です。
 特に全盛期の伝説は秀逸です。


■アカギ■




たらい回し


 たらいまわしを身をもって体感できます。

■たらいまわし■




シモ・ヘイヘ



 シモ・ヘイヘは実在したフィンランドのスナイパーです。
 記事は嘘にまみれています。

■̪シモ・ヘイヘ■





驚くべき証明を見つけたがそれを書くには余白が狭すぎる



 数学者フェルマーの有名な言葉です。
 記事は難しい数式が書いてありますが、意味は特になく、最後の応用例が私は好きです。



■驚くべき証明をみつけたがそれを書くには余白が狭すぎる■


マーフィーの法則


 マーフィーの法則に関しては、以前に紹介しています。紹介した記事は↓↓↓



■マーフィーの法則■



 ある意味当たってますね。


 また、それに関連した猫-トースト装置も必見です。


■猫-トースト装置■






 
風が吹けば桶屋が儲かる


 めっちゃ記事が長くて、全部読んだ人は恐らくいないでしょう。(笑)
 ただどの部分 を読んでもくだらなくて面白いです。(笑) 


■風が吹けば桶屋が儲かる■





 
 いかがでしたか?
 
 興味のある分野がある方は調べてみるといいと思います。

 
 また今度、第二弾を作りたいと思います!!!

 ではでは。




 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓



あなたにオススメの記事!





































あなたはいくつ読める!?間違えやすい漢字10選!!


人気記事はこちら!






今日は読み間違えやすい漢字をご紹介します!

読み方と意味も載せておきます!

あなたは正しく読めていますか?

IMG_2836
訃報


読み:「フホウ」

意味:死亡の知らせ


一段落


読み:「イチダンラク」

意味:物事のひとくぎり。

話し言葉では「ひとだんらく」と使われることが多いですよね!
一目は「ひとめ」「イチモク」両方の読み方をするため、「一」という字は音訓どちらで読むのかが難しいですよね。


汎用


読み:「ハンヨウ」

意味:様々な方面に用いること。

凡庸(ボンヨウ)と混同されている方が多い気がします!


逝去


読み:「セイキョ」

意味:亡くなること

の音読みは「セツ」ですので、間違えやすいです。

■「逝」と「折」■
夭折は「ヨウセツ」
夭逝は「ヨウセイ」と読みます。
読めない漢字は部首を外して読んでみろと教えられましたが、「逝」には通じないようです!笑
なお「夭折」「夭逝」はどちらも同じ意味で、「若くして亡くなること」です。


疾病


読み:「シッペイ」 

意味:病気のこと

「病」という字は「ビョウ」と読まれる事が多いため間違えやすいです。

■病の読み方■
「病」の他の読み方は
詩八病(シハチヘイ)
病葉(わくらば) ※難読漢字


荒らげる


読み:「あららげる」

意味:声や態度を荒くすること

「あらげる」と読む人が圧倒的に多いですね。

「荒い」を「あら・い」と読むことを考えれば「荒らげる」は「あら・らげる」になりますね!

■イケイケ雑学ポイント■
このように、日本でよく読まれる音(慣用音)使った読み方を「慣用読み」と言います。正しい読み方と慣用読みがある場合はどちらを使っても伝わります。



間髪


読み:「カンハツ」

これは「間髪をいれず」として使われる言葉で、間髪という熟語はありません。

■イケイケ雑学ポイント■
なぜ熟語がないかというと、この慣用句は「間、髪をいれず」と区切るのが正しく、そう考えると、この慣用句から区切れている「間髪」の二文字を取り出して熟語にするのは無理があるからです。


更迭


読み:「コウテツ」

意味:ある役職の人を他の人と代えること。
高い役職の人に使う事が多いです。

「送」と字が似ているため、「こうそう」などと誤読されますね。
「迭」という字を使った他の熟語がほとんどないため仕方ないと思います。

■イケイケ雑学ポイント■
「迭」を使った熟語は他に「両統迭立」「迷迭香(まんねんろう)」など。


重複


読み:「チョウフク」

意味:重なり合う事

「じゅうふく」と読む方が半分ぐらいでしょうか?
これも慣用読みの一つですので「じゅうふく」でも伝わります!
しかし「重」は「チョウ」と読んだ方が綺麗ですよね。

■その他の慣用読み■
左が本来の読み方
早急 サッキュウ/そうきゅう
世論 セロン/よろん
憧憬 ショウケイ/どうけい
貼付 チョウフ/てんぷ
出生 シュッショウ/しゅっせい


代替


読み:「ダイタイ」

意味:代わりのもの

「代替え」は「だいがえ」と読みます。
しかし、「代替」を送り仮名もないのに「だいがえ」と読むのは少し無理があるように思うのですが、皆さんどうでしょう??

ちなみに同じ漢字を使った「代替ふ」は「しろがう」と読みます。歴史的仮名遣いから察するに、使われていたのはかなり昔ではないでしょうか。


まとめ

いかがでしたか?

慣用読みが入ってくるとややこしいのですが、正しく読めていましたか??

間違いも定着すれば慣用読みとして多くの人に伝わるようになります。
例えば、「捏造」を「デツゾウ」と読む人はほとんどいませんよね?しかし、「ねつぞう」は慣用読みで、本来の読み方は「デツゾウ」です。

言葉を使うのも作ったのも人間という生き物ですので、それによって変化する言葉も生き物なのです。

そこで慣用読みを「変化する言葉の素晴らしさ」と捉えるか、「正しく読めない者の言い訳」と捉えるかはあなた次第です!!

ちなみに私は両方の読み方を覚えることにしています笑





 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓








関連記事はこちら!


人気記事はこちら!
あなたにオススメの記事!





















カナダの首都はどこ!?意外と知らないあの有名な国の首都5選!

人気記事はこちら!











 どうも、てけてけです。


 今日は意外と知らない有名な国の首都を紹介したいと思います。

 アメリカの首都がワシントンD.C.であるのも意外と正答率が低かったりしますが、今日はさらに知られていない首都を紹介します。


カナダ

3


 カナダは意外と首都が知られていないのですよね。

 というのも、バンクーバートロントモントリオールなどが有名ですが、首都はオタワです。
 (オワタじゃありません)

 オタワは知名度が低いのもそのはずで、上記の3つの大きな都市に次ぐ都市だからです。

 
 
 カナダにいったら、イエローナイフでオーロラを観たいです。 

 

スイス

1

 スイスも意外と知られていないのですが、スイスの首都はベルンです。


 スイスの有名な都市だと、やはりジュネーブバーゼル、有名な保険会社があるチューリッヒですが、これらは首都ではないようです。


 ドイツやイタリア、フランスなどは有名な都市が首都であるのに、スイスはなぜ。。。




オーストラリア

2


 オーストラリアの首都は、よくシドニーだとかメルボルンだとか言われますが、キャンベラです。

 どうでもいいですが、先住民族はアボリジニです。

 首都とは関係ないですが、有名なので覚えましょう。




ニュージーランド

4


 ニュージーランドの首都はオークランドだと思われがちですが、ウェリントンです。

 覚えるときは、「ミギリントン、ヒダリントン、シタリントン、ウェリントン」で覚えましょう。



 こちらもどうでもいいですが、先住民族は、マオリです。

 こちらも、首都とは関係ないですが、有名なので覚えましょう。




ブラジル

pics2563


 首都はサンパウロリオデジャネイロだと思われがちですが、ブラジリアです。

 実際、ブラジリアに遷都したのは、1960年で結構昔であるにも関わらず、今でも、リオデジャネイロと誤解されがちなのは、オリンピックのせいですかね??


 ちなみにブラジリアは有名な建築士オスカーニーマイヤーが建設した都市で、世界遺産でもあります。

 にしても、知名度が低いのはなぜだろう。。。






まとめ


 いかがでしたか?

 世界の有名な国のなかで、少し首都が分かりにくい、認知されにくいのはここらへんの国だと思います。

 逆にここらへんの国の首都はクイズ番組でも頻出なので、しっかり覚えておきましょう。

 ではでは。







 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓








あなたにオススメの記事!





















スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
Twitter プロフィール
ウェブメディア「イケイケ雑学」の公式ツイッターです。生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。いいねやRTよろしくお願いします。
メンバーリスト
お問い合わせ