イケイケ雑学

生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。Let'go!go!

スポンサードリンク

実は差別用語!?使われなくなりつつある言葉7選!!!


人気記事はこちら!











 どうもてけてけです。


 今日はちょっと真面目な記事です。


 「ポリティカル・コレクトネス」という言葉をご存知ですか?

 通称ポリコレ(PC)と略されることもありますが、意味は「人種や性別などで寛容であろう考え」です。

 日本語では「政治的適正」などと訳されます。


 基本的には「特定の人々を害する行動(言動)を避ける」という原則です。

 元は、アメリカ発祥で、アメリカでは多種多様な人種の方が存在するので、このような考えが生まれたようです。

 
 今日はその具体例を見ていきましょう。



 
看護婦


看護し

 これの何が差別用語だと思いますか?

 すぐ分かると思いますが、「」が女性を指す言葉であるので、今では「看護」と呼ばれています。

 ポリコレはこのパターンが多いです。

 英語も議長を示す、"chairman"は今では"chairperson"になったり、"policeman"も"police officer"になっています。

 ちなみに固有名詞である、スーパーマンや、ウルトラマンは言い方を変えたりはしないです。

 最近では日本語でも、カメラマンフォトグラファーサラリーマンサラリーパーソンと呼んだりします。

ただ個人的にはあまり浸透していない気がします……。





障害者

zutuupng


 今では、「障がい者」や「障碍者」といった表記をすることもあります。


 これは専ら、「」という字が人を殺めるという意味があり、不適切であるので、使われなくなる傾向もあるようです。


 なお、今でも色々なところでも議論されており、内閣府の書類などでは「障害者」として表記されているため、「障害者」として使用することも間違いではないようです。


 まぁ確かに、気持ちがいい文字ではないですが、どうせなら言い方も変えればいいのにと思います。





肌色

 今では、「うすだいだい」や「だいだい色」と言われていますね!(ペールオレンジとも)

 これは言わずもがな、肌の色が人によって違うからですね。


 しかし、自分は小学校低学年か、幼稚園のころ、肌色で覚えました。


 当時は世界のことなど全然知らなかったとはいえ、肌色に疑問をもたなかったのは何故なのでしょうかね。






ブラインドタッチ


keyborrd

 今では、「タッチタイピング」と言います。

 「ブラインド」が盲目を指す"blind"を示すからですね。

 しかしこれは納得いかないですね。
 

 というのも、窓のブラインドはブラインドのままで変わらないからです。


 気にする方がいる以上仕方がないとは思っていますが、むやみに差別用語と意識してしまうのは、逆に差別を助長してしまうのではないでしょうか?






ジプシー

roma_gypsy_family

 元は、「少数移動型の民族」を指します。
 
 エジプトから来た人を意味する「エジプシャン」の頭音が消失した言葉が「ジプシー」です。

 音楽の世界でも歌詞のなかで見たことがありますが、差別用語です。

 今では放送禁止用語でもあるので、NHKでは「ロマ」などとも言うそうです。


 また日本では、「趣味などがコロコロ変わる人」などで良く使われますが、世界では違う意味になるので、気を付けましょう。



らい病


 今では、「ハンセン病」と呼びます。

 らい病のらいは漢字では「」と書き、乞食や物乞いといった意味があるので、差別用語になりました。


 これは仕方がない気がしますね。。。



精神分裂病



 今では「統合失調症」と呼びます。

 こちらはさすがに、現在の呼び名の方が良く聞きますかね。

 確かに、精神分裂病よりは、統合失調症の方が何となく、ニュアンス的に良い気がしますね………。






 
まとめ

 いかがでしたか?

 こういう言葉狩りは意識しすぎるのも良くないと思っています。

 しかし、実際に気にする方もいるので難しい問題ですよね。

 
 やはり、しっかり時代についていき、その時代に適した言葉を使うことが大事なのかもしれません。


 ではでは。





 このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、ブログのシェア、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします。
最近では、インスタグラムも始めたのでよろしくお願いします!
 
 Twitterは↓↓↓


 インスタグラムはこちら

 Facebookはこちら

 
 ブログリーダーの登録もぜひお願いします↓↓↓







 


あなたにオススメの記事!






































知らないと騙される!?知っておきたい人間の心理現象まとめ!

人気記事はこちら!!!


 
 
 


 

 

 どうも、ライターのてけてけです。

 

 

 

 今回は身近で起こる、○○効果と名の付く効果を5つほど紹介したいと思います。

 
 
 
 また心理現象がメインとなっております。

 

 

 では、さっそくいきましょう。

 

 

 

カリギュラ効果

 

 カリギュラ効果は禁止されると逆に気になってしまう、心理的現象です。

禁止

 

 

 例として、画像や動画などにモザイク処理がかかっていたり、「閲覧注意!」や「お前は聞かないほうがいい」と言われると、逆に気になってしまうなどが当てはまります。


「押すなよ?」って言われると、押したくなるやつですね。

 

 

 

 心当たりがあるのではないのでしょうか?

 

 

 

 この名称は、1980年に公開したアメリカとイタリアの合作映画の「カリギュラ」が語源で、過激すぎる内容であったため一部の地域で公開禁止したことが、むしろ注目を集めてしまったそうです。

 

 

 

 人間の心理は不思議なものです。(笑)

 
 
 
 
 

バーナム効果

 

 

 これは占いなどで、誰にでも当てはまるようなことを言い、「この占い私に当たってる!」と思ってしまう心理現象です。

ng

 

 

 

 例を挙げると血液型占いなどで

 

 

 A型の特徴
・好きなことはとことん好き
・あなたは人から好かれたいと思っている
・マイペースであるが、周りの目は気にする
 ・・・etc

 

などが挙げられます。

 

 

 

 言われてみれば、ほとんどの人が当てはまります。(笑)

 

 

 個人的には、そもそも血液型占いを信じていません
 (そもそも血液の凝集素の違いでなぜ性格が変わるのだろうか...)

 

 

 欧米諸国では、そもそも自分の血液型が知らない人も多いらしく、自分の血液型を知っているのもアジア人ぐらいだと聞きます。

 

 

 

 また、血液型で他人に偏見を持つことをブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)と言うので、注意してください。

 

 

 またバーナム効果は営業の手法としても使われるようです。

 
 
 

バタフライ効果(butterfly effect)

 

 これは一つの些細な出来事が後に大きな違いを生むことを言います。

tyou

 

 

 もともとは気象学者のエドワード・ローレンツの講演タイトル「ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサス竜巻を引き起こすか?」に由来するようです。

 

 

 

 日本のことわざである「風が吹けば桶屋が儲かる」に近いですが、厳密には違います。

 

 

 

 バタフライ効果は予測不可能性、予測困難性を主張するものであるが、風が吹けば桶屋が儲かるはどちらかといえば、関連性の低いことをつなげるこじつけのニュアンスが強いです。

 

 まぁでも、だいたい同じだと思っています。

 

 

 


 厳密なバタフライ効果はカオス理論の話をしないといけないので今回は割愛します。

(というか説明できません)

 

 

 

 バタフライ効果の有名な例としては、ヒトラーの人生が挙げられます。

 

 

 

 

・ヒトラーは2度、美術学校の試験を受験し不合格になっている
(1度でも合格していたら...ホロコーストは起きなかったかも?)

・ヒトラーは第一次世界大戦中、イギリス人に射殺されず、逃されている。
 (ここでも、殺されていたら...ホロコーストは起きなかったかも?)

 

 

 

 しかし、ヒトラー以上の人物が現れていた可能性もあるので、この例は個人的には微妙です。

 

 

 また、身近な例としては両親の出会いが挙げられます。

 

 

 我々の両親があの日、出会わなかったら、あなたも私もこの世に存在していない....と考えると、世の中は本当に奇跡の連続かもしれません。(笑)

 

 

 またバタフライ効果の考えは、日々のモチベーションアップにもつながると思うですよね。

 

 

 「あの時、あの単元を勉強しなかったらあの試験に落ちていたかもしれない...

 「あの時、勇気を出して告白していなかったら、今頃結婚していなかったかもしれない...

 

 こう考えると、毎日を、一瞬一瞬を大切にしようと思いませんか?(笑)

 

 今の現実ですら、奇跡の連続です。

 

 この記事を見た時点でもうすでに未来は変わっているかもしれません。(笑) 

 

    善悪に囚われず後悔のない選択をしたいものです。

 
 
 

サブリミナル効果

kandou_movie_eigakan

 

 

 サブリミナルは「潜在意識の」という意味で閾下いきか知覚とも呼ばれ、潜在意識の刺激を与える事で表れる効果のことです。

 

 

 

 実際に、サブリミナルによる宣伝は日本のテレビ放送では禁止されています。

 

 

 また、実際のところは、科学的に証明されていない部分も多く、賛否両論です。

 

 

 以前、シティハンターの放送中、麻原彰晃が一瞬だけ映ったのが問題になりました。

 

 

ピグマリオン効果

 

 

 ピグマリオン効果は、他者から期待されることにより、学習や作業がより捗って成果が出せる効果のことです。

 

 

 別名では、「教師期待効果」、「ローゼンタール効果」などとも言います。

 

 

 逆に、他者から期待されなかった結果、学習や作業をする能力が低下する事を「負のピグマリオン効果」や「ゴーレム効果」などとも言います。

 

 

 

 これは、分かる気がしますね!

 

 

 誰でも褒められたら嬉しいですし、また頑張ろうと思えるようになりますね!

 

 

 将棋の有名な棋士で米長邦雄永世棋聖という方がいるのですが、その人の名言で「いちばんいい薬というのは、『お前は天才だ、才能がある』という、この一言なんです」という言葉があり、これはピグマリオン効果を利用しているなと思いました。

 

 

 教育の現場でどんどん使っていきましょう!!!

 

 
 

まとめ

 

 いかがでしたか?

 

 サブリミナル効果のように実際どの程度の効果でこれは「効果がある」と言えるのかはなかなか難しいですよね。
 仮説検定するしか...... 

 

 

  カリギュラ、バーナム、ピグマリオンは確実にあると思いますね。

 

 

  サブリミナルは半信半疑です。

 

 

 また面白いネタがあったら更新します!

 

 

 ではでは。


 このサイトでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。

 もし興味を持ってもらえましたら、コメント、サイトのシェア、TwitterなどのSNSのフォローをお願いします。
 
 Twitterはこちら

 インスタグラムはこちら
 
 Facebookはこちら

 

現象、効果、症候群、恐怖症の関連記事はこちら!










あなたにオススメの記事!




















数学者「1+2+・・・=-1/12」一般人「ファッ!?」分かりやすく解説!


 

 どうもライターのてけてけです。 


 今日は数学ネタです。

 正直伸びるか分かりませんが、やっていきたいと思います。(笑)

 「数字は嘘をつかないが、嘘つきは数字を使う」とはよく言ったもので、私生活では騙されないように気を付けましょう。
 


 突然ですが、1+2+・・・とやっていくといくつになると思いますか?

 まぁ普通は無限ですよね?(笑)

 しかし、数学者は-1/12だと言い張るのです。


 今日はこれについて分かりやすく解説したいと思います。








 結論から申しますと、

 これは間違っているといえば、間違っていますし、正しいと言えば正しいです。(笑)

というのも、数学者の1+2+・・・と一般人の1+2+・・・の解釈が違っているからです。





 とりあえず、一般人向けに無理やり証明してみましょう(笑)

 また、どこがおかしいか考えてみてください。

 まず、

 A=1+2+3+4+・・・
 B=1-1+1-1+・・・
 C=1-2+3-4+・・・

 とします。今回求めたいのはAですね。

 ここで、Bについて考えます。これは1と0を交互に取り続けるので1/2に収束します。

よって、B=1/2です。

つぎにA-Cを考えてみましょう。

 A= 1+2+3+4+・・・
 C= 1-2+3-4+・・・

となるので、A-C=4(1+2+・・・)=4Aとなります。

すなわち、A=-C/3になります。(この結果を①とします)

また、ここで、C+Cを考えます。

計算しやすくするために、項をずらして計算します。

 C= 1 -2 +3 -4   +5 ・・・
 C=     1  -2 +3  -4 ・・・

よって、C+C=2CはBと同じになります。すなわち

  2C=B

  C=B/2=1/4となります。

 これを①に代入して、A=-1/12という結果(題意)が導かれます。。。





 さて、何がインチキだったでしょうか?


 まず、Bが1/2に収束するというのが怪しいです。

 これは、高校数学の数Ⅲをやっていれば分かりますが、収束条件を満たしていないためです。
 
 また、2Cの計算も怪しいです。

 無限和を取り扱うときは、非常に注意が必要で、安易に項をずらして計算するというのは、望ましくないです。

 以上より、Aが間違っていることが分かりました。




  スポンサーリンク








 じゃあ、なぜ正しいと言えば正しいのでしょうか?


      ここで、リーマンのゼータ関数というのを軽く紹介します。



   無題




この関数は基本的にsは1以上の範囲しか意味を持ちません。(s=1のときは無限に発散します)

 (もしs=-1ならば右辺はAと同じ式になります)

しかし、sを解析接続と言う方法を駆使すれば、sの範囲を拡張することができます。

 そこで、拡張したsに対して、s=-1を強引に代入し、色々複雑な計算をすることによって
 
 1+2+・・・=-1/12 という奇妙な結果が得られるのです。
(私の知識では、導き出せません><)

   またゼータ関数を用いれば、s=0のとき(極限をとると)、形式的には1+1+1+・・・=-1/2という異様な結果も得られます。(正確には極限値)

 
 ですので、最終的な結論は、

基本的には間違いである。しかし、特殊な状況で形式的には成り立っている。だがやはり意味は持たない。

 ということになります。



 いかがでしたか?

 今日は少し難しい話をしてみました~

 数学は専門ですが、私の専門は確率・統計で、こちらは分かる範囲で解説してみました。

 また、なにか面白いネタがあったら記事にしたいと思います。

このブログでは、くだらない雑学から話題のニュースまで網羅していきたいと考えています。
もし興味を持ってもらえましたら、Twitterのフォローやブログリーダーの登録をお願いします😊 




スポンサーリンク
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
Twitter プロフィール
ウェブメディア「イケイケ雑学」の公式ツイッターです。生きていく上で全く役に立たないような雑学からためになる雑学、話題のニュース、おすすめ紹介やゲーム記事までを毎日配信しています。いいねやRTよろしくお願いします。
メンバーリスト
お問い合わせ